レシピ 低温調理 減塩生活

減塩 低温調理でバジル風味のサラダチキン

更新日:

コンビニのサラダチキンって意外と塩分多いですよね。おうちで作れば塩分調整自由で添加物もなくてアレンジ自在。今回はバジル香るサラダチキン。塩分制限してない方は肉の0.8~1%の塩分で調整してみてください。

材料 (三人分)

とり胸肉 1枚(300g程度)厚さ2.5cm程度

クレイジーソルト 肉の0.6%程度の塩分 約2.2g(うち塩分相当量1.8g)

バジル お好みで

オリーブオイル 小さじ1

 

一人分(100g)の塩分量 0.6g

作り方

  1. とり皮と余分な脂身を取り除く
  2. 胸肉を水洗いしキッチンペーパーなどで水気をとる
  3. クレイジーソルト、バジルを胸肉両面に振り掛け馴染ませる
  4. 保存袋に入れ冷蔵庫で一晩から一日おいておく
  5. 30分前くらいに冷蔵庫からだして保存袋にオリーブオイルを入れ馴染ませる
  6. 低温調理器で62℃130分(レシピより肉が厚みがある場合は調理時間を延ばしてください)で完成
  7. すぐ食べない場合は流水か氷水で冷やして冷蔵庫へ

 

※熱湯やアルコール消毒等徹底した衛生管理を行った上調理を行ってください

コツ ポイント

どんなメーカーのハーブ塩でも塩分お好みで 小さいサイズの鶏肉の方が味が入りやすい

アレンジ

  • そのままでも、軽く焼いたり、炙ったりしても
  • 胸肉をささみに代えて
  • 冷静パスタの具材に

※このレシピは一日の塩分摂取量6g一食当たり2gを目安に考えています









-レシピ, 低温調理, 減塩生活
-, ,

Copyright© 減塩、低温調理はじめました。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.