低温調理

食中毒のリスクを増やさないために

更新日:

家庭でできる食中毒予防の6つのポイント

食品の購入

新鮮なものを消費期限を確認して買う。

肉や魚などの生鮮食品や冷凍食品は最後に買う。肉や魚などは汁が他の食品に付かないように分けてビニール袋に入れる。

保冷バック等で冷やして帰る。

家庭での保存

持ち帰ったらすぐに冷蔵庫で保管する。

肉、魚、卵などを取り扱うときは、取り扱う前と後に必ず手指を洗う。

下準備

手を洗う。

清潔な調理器具を使う。

野菜などの食材を流水できれいに洗う。

生肉や魚などの汁が、果物やサラダなど生で食べるものや調理の済んだものにかからないようにする。

生肉や魚、卵を触ったら手を洗う。

包丁やまな板は肉用、魚用、野菜用と別々にそろえて使い分けると安全。

調理

手を洗う。

十分に加熱する。

食事

手を洗う。

室温に長時間放置しない。

残った食材

清潔な容器で保存。再加熱する。

 

 

出展:食品安全委員会 食中毒を防ぐ加熱









-低温調理

Copyright© 減塩、低温調理はじめました。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.